太らない飲み方とは

太らない飲み方とは

女子会は好きだけど、太るのが嫌だから参加出来ない。
そんな不安とはお別れしましょう。
上手な飲み方を身に着ければ、脂肪に怯えることなく女子会を楽しめます。
お酒が太るといわれる所以は、肝臓と深い関係があります。
肝臓は私たちの身体に入ってきた栄養を分解し、吸収しやすい形へと変換するのが主な仕事です。
アルコールが体内に侵入すると、肝臓は何よりもまずそちらを分解します。
肝臓がアルコールに掛かりきりになっていると、
糖質や脂質といった他の栄養素は分解されず体内に脂肪として取り残されてしまうのです。
また、肝臓は糖質を分解した後に貯蔵するという役割も担っています。
貯蔵された糖は、いわゆる血糖値という形で示されます。
肝臓が仕事をしていると、貯蔵している糖は消費され、貯蔵はままなりません。
このため血糖値が上がらず、ついつい食べ過ぎてしまうのです。
アルコールの分解には、体内のビタミンやミネラルが消費されます。
お酒を飲むと塩辛いものが欲しくなるのも、ナトリウムというミネラルが体内から消失するからです。
ここまでの知識を踏まえて、居酒屋での賢い飲み食いの仕方を考えていきましょう。
まずは、お酒を飲み過ぎない工夫です。

飲みやすいからといってアルコール度数の低いサワーやビールを何杯も飲んではいませんか?
そうしたお酒は、肝臓の働きを悪化させるだけではなく、脂肪となりやすい糖質をたくさん含んでいるのです。
肝臓に優しい飲み方のポイントは、蒸留酒です。
日本酒やビールなど、アルコール度数の低い醸造酒は、糖質が多量に含まれています。
一方、ウィスキーや焼酎のような蒸留酒は醸造酒を蒸留して造るので糖質は比較的少ないのです。
ただし、蒸留酒はアルコール度数が高いため、そのまま飲むと肝臓に負担がかかります。
お湯や炭酸水で割りながら、ゆっくりとしたペースで飲むようにしましょう。
また女子会に使える焼肉屋を見つけたので紹介します!こちらです⇒https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13204541/